Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

40日間の滞在を終えて

今回の40日間のブラジル滞在、僕の中での一番の問題は、言葉が通じないことでした。4ヶ月ほどポルトガル語のレッスンは受けていましたが、意識が足りず、完全に勉強不足だったと思います。ブラジルに着いてから3,4日は、そのことでだいぶ気持ちが落ちてしまいましたが、どうせ言葉は通じないのだから、そのことで悩むのはもうやめようと思い、意識を変えて生活しました。しばらく経つと、わからないなりにコミュニケーションがとれるようになり、言葉が通じないと感じることは少なくなったように感じます。

18歳の自分が単身ブラジルに渡るということは、両親からすれば心配であったようで、反対はされませんでしたが、何度かそのことで話し合うことはありました。しかし、僕自身にはまったく心配も不安もありませんでした。コントラメストレトニーとその息子フラカォン、さらにヴェフメーリョ29、子供のレウには去年のバチザードで会っていましたし、なによりも先生・先輩方の日記で、ブラジルで生活するということがどのようなものか、わかっていたからです。GRUPO TEMPOのアカデミーア、casa14に住むトニーとその家族、生徒達は僕を暖かく受け入れてくれました。しかし、これは竜太さんをはじめ、GRUPO TEMPO JAPAOの先輩方が築いてきた関係であり、それがなければ僕のブラジル滞在は絶対になかったと思います。
トラブルに遭ったときなど、困ったときはいつでも日本と連絡できるような連絡環境がありましたし、先生・先輩方はそれに迅速に対応してくれました。僕が一度も不安を感じたり、帰りたいと思わなかったのは、このことが大きいと思います。

今後の目標は、とにかくポルトガル語を習得することです。もちろんカポエィラもですが。来月から僕は大学生になりますが、休みを利用してまたブラジルに行こうと考えています。次こそは、完全にコミュニケーションがとれるようになりたいです。

最後になりましたが、GRUPO TEMPO JAPAOと、「松尾の青春18ブラジル カポエィラ日記」を読んでくださった方々に感謝して、この日記を終わります。

帰国。

3月18日

ついに帰国当日。萎える。トニーが9時半に起こしてくれた。11時過ぎにはここを出るらしい。フライトは13時35分。起きてすぐ、昨日の日記をアップした。その後、SPEEDに帽子を取りに行った。さすがに忘れてるかなーと思ったけど、ちゃんとくれた。それ被って銀行に行って、お金を下ろした。空港でもいくらかは必要になると思うし。

戻って、最後の荷造りをする。俺の手首サポーターが昨日の子供練習の後からなかったんだけど、やっぱり見つからなかった。壁にかけておいたのに。あきらめた。パンツ5枚が雨のせいでまったく乾かなかった。もう1枚もない。しかたないから、日本までノーパンで行くことにした。空港とかで、途中で買っても良いけど、高いだろうし面倒くさいことになる気がする。

そろそろ出るかってときになって、みんなに挨拶しようと思ったけど、イカロもガブリエウもいなかった。普通に。まぁ、お別れ言うのは嫌いだから良いんですけど。アニーにだけ別れを告げて、空港行きのバスに乗った。どうせまたすぐ来るし。そう思うとそんなに寂しくない。

空港について、トニーがチェックインからなにまでついてくれた。荷物は一旦サンパウロで受け取るということを確認した。トニーに別れを告げて飛行機に乗った。絶対遅れると思ったけど、なんと時間ピッタリに発進した。びっくり。
サンパウロまではあっという間だった。2時間だけだし。ちゃんと予定時刻の5分前についた。すげぇ。ブラジルの奇跡。

サンパウロついたら、荷物が出てこなかった。なんで?職員に確認したら、成田に直接届くらしい。本当か?それはさすがにないでしょ。信用できない。
5時間もある時間をどうしようと考えたけど、まずはチェックインすることにした。アメリカン航空の受付に行ったけど、誰もいない。普通に。看板の取り換えとかしてる。並んでいる人がいるから一応並んだ。なんでこれ受付してないんだ?俺は時間あるけど、急いでいる人とかどうなっちゃうの。30分くらい待っていたら、休憩帰りらしい受付嬢達が帰ってきた。それからさらに20分くらい待って、ようやく受付。でも何を聞かれているのか分からなかった。英語も同じく。日系の人が出てきて、これは誰がどこでパッキングした荷物だとか、どこかに置いたか、誰かに貸したかとか、日本語でたくさん聞かれた。爆発物ではないかどうか確認したかったらしい。中身はカバッサですから。その後チェックインしようとしたら、日系人とは別の人が、超嫌な感じだった。俺が何か話そうとしても、途中で遮って質問してくるし。前の質問答えようとしてるのに。あとため息しまくったり。「あ~全然分かってないわこの子」みたいな。でもなんとか終わった。あと、荷物はやっぱり成田には直接行かなくて、一旦ダラスで受け取るらしい。なんでみんな言うことが違うんだろう。いい加減にしてほしい。

歩いていたら小さな感じのお土産屋さんが目に入ったので、そこでブラジルマグカップを買った。俺が持っているマグカップはかなりションボリなやつなので、前から買い替えたいと思っていたのです。大きさが色々あって、ちょっと大きめのやつで16ヘアウだった。840円くらい。全然許容範囲だ。でも、割れないか心配だ。プチプチで包んではくれたけど。

その後、どこかで食べようと思ってマクドナルドに行ったら、メチャクチャ高かった。さやかさんもブログに書いてましたが。普通のハンバーガーが11ヘアウとか。770円くらい。ジュースも高い。絶対買わない。腹は減ってるけど……。

マックの隣のお洒落な土産物屋に入ったら、さっきのコップの小さいサイズのやつが、18ヘアウで売っていた。さっきのところでは12ヘアウだった。ラッキー。数十メートル歩くだけで、全然値段が違う。

そろそろゲートで待っていようと思って、入国審査に入ったら、鬼のように混んでいた。30分くらいかかった。

時間があるので、日記書いたりして時間を潰した。あと、日本に帰ったらやることメモを作成した。メモ作成は5分で終わった。まずは服を買いに行かないと……。あとバイト探し。1年間働いて、またお金を貯めなければ。ブラジル行くために。トシさんと話したときに、飲食関係なら料理も覚えられて良いとアドバイスしてもらったので、次はそれ系にしようと思う。

時間が余りまくったので、ゲートのすぐ隣にあるサンドイッチ屋さん?みたいなところで、パンを買ってしまった。指から肘くらいまでの長さのフランスパンに、トマトとチーズとハムが挟んであるやつ。15ヘアウ。高いけど、マクドナルドに払うよりマシ。サラミと粉チーズのやつが一番おいしそうだったけど、なぜかその時、ジョジョ第四部のイタリア料理屋の話(違う違う、トマトと一緒に食べるんです、ってやつ)を思い出して、トマトのほうを買ってしまった。まぁまぁだった。飛び上がるほどではない。歯が抜けるほどでもない。チーズがいまいちだ……。しかもハムではなくて、謎のクリームだった。ピンクの。喉乾きまくってたけど、缶のジュースが5ヘアウとかだったから、さすがにそこまでは屈しなかった。

サンパウロ→ダラスの飛行機も絶対遅れそうと思ったら、時間ピッタリに発進した。座ってみて分かったけど、日本までこの後ずっと通路側の席だった。ブラジルの奇跡。俺がカバッサを棚にしまおうとしたら、隣の席のアメリカ人の老婦人が、「私のカバンには、耳の検査機の機械が入ってるから、気をつけてね」と言っていた。気をつけた。でもダラスについた時に、前の席に座っていたゴツイ黒人が普通に床に落とした。あーあ。彼女は、なにも言ってなかったけど。かわいそう。

荷物を受け取ろうとしたら、ビリバだけ出てこなかった。聞いてみたら、隅のほうにあると言われた。大きい荷物専用の受付とかがあるのかと思ったら、普通に床に置いてあった。あと犬のケージ。犬も入ってた。かわいそうすぎる。なんで飛行機乗るのに、犬を連れてこなくちゃいけないんだ。

アメリカの入国審査が、鬼のように混んでいた。風を吹きかけられるボックスに俺も入れられた。結構びっくりする。

自分のチケットのゲートを確認しようとしたけど、電光掲示板に表示されなかった。案内カウンターで聞いたら、「あぁ、まさにここのゲートだよ」と言って、すぐ後ろのゲートを指さされた。本当に?適当に言ってる気がする……。

本読んでたけど、寒すぎるのでなにか食べることにした。長いフライトで空腹になったら悲惨だし。行きと同じく、マクドナルドに行った。ブリトー3つだけ頼むつもりが、「飲み物ないとキツイって!」って言われて、コーラ頼んだ。小さいのにしてねって言ったのに、日本のLサイズだった。アメリカではよくある話。ホームステイしたときのことを思い出した。なつかしい……。ブリトーってメキシコ料理なんですけど、かなり美味いです。日本にはないんですよね。似たようなの(なんとかラップってやつ)はありますが、全然違います。こっちでは、辛いソースもつくし。あと、頼んでいないポテトが入っていたけど、まぁ別に問題なし。

英語を使わなければならない状況になって気付いたけど、英語を忘れてしまっていた。というか、咄嗟に出てこない。出てくるのはポルトガル語だった。ぶつかって謝るときとか。ポルトガル語が出そうになって、それを抑えてるうちに結局なにも言えなくなる。あと、「YES,NO」はもう絶対に言えなかった。「Sim,Nao」と言ってしまう。嬉しいような悲しいような……。
なんて書くと、もうポルトガル語ペラペラみたいですが、そうではないです。少ししか話せないなりに、そうなってしまったということです。竜太さんが日記で、「英語で話しかけられたくない」ということを書いてましたが、それが少し分かりました。俺とは意味が違うのかも知れませんが。

ダラス→成田まで、12時間のフライトは長かった。B級映画見て過ごした。

日本に着いて、そのまま新宿に向かって、練習に参加した。
久しぶりの日本練習だったけど、あまり久しぶりには感じなかった。でも、飛行機でずっと座っていたせいか、腰が痛い……。

帰国前日。俺の見送りホーダ

3月17日

俺がSASUKEに出場する夢を見た。俺の知り合いがSASUKEのプロデューサーって設定で、出場者が少なすぎるからお前も出てくれと言われた。2番目に。それで目が覚めた。


ついに帰国前日ですよ。早めに起きて、荷造り始める。起きてみたら、トニーが真剣な顔してテレビ見ているから何かと思ったら、アニメだった。brasilIMG_6888.jpg

ドナルドダックのやつ。これ見たことある。あと、アメリカだかどっか?のスポンジのキャラクター。まったく可愛くない。性格も。好きな人には失礼だけど。

あと、トニーが俺にプレゼントしてくれるっていうカバッサは割れていた。「すげぇ良いカバッサなんだぜ」って言うけど、割れてるし。割れた部分どこにあるんだ、くっつけるよと言ったら、なくなったらしい。駄目じゃん……。これ……


デニーが来てくれて、ロゴを刷る作業を手伝ってくれた。終わったら帰った。brasilIMG_6903.jpg
brasilIMG_6905.jpg


まずはトランクをアカデミーアに出して、詰め始める。日本に持って帰る大量のユニフォームは、ビリバウに合体させれば良いと言われていたのでそうするつもりだったけど、トニーはボロボロになるぜというので、やめた。代わりにトランクにユニフォームを詰めていく。
すごい量だ……。brasilIMG_6906.jpg
brasilIMG_6907.jpg
brasilIMG_6910.jpg


トランクこれだけでいっぱいになるんじゃないか。その間に小物を挟んでいく。brasilIMG_6912.jpg


挟みきれなかったものは上に乗せる。brasilIMG_6914.jpg


で、あっという間にいっぱいになった。まだ俺の服は入ってない。あーどうしよう。

次はビリバをやることになって、トニーは少し反対していたけど、ビリバの周りに俺の服を巻くことにした。まずは、俺の2本のビリンバウをサランラップみたいので巻く。その後、原木と一緒に紐で束ねた。その周りに俺の服。そのまま巻いた。合体シーン
brasilIMG_6916.jpg



トニーが出ていって、あっという間にビニールを買ってきてくれた。それをナイフで切ったりして、調整する。brasilIMG_6923.jpg


で、ビリバの周りに合わせて、ガムテープで止める。ビニール巻くのを何回か繰り返した後、最後に透明のテープでミイラみたいに封印した。完璧だ。トニーの仕事が超早かった。さすが。同色で分かりにくい
brasilIMG_6918.jpg


なんとかなりそうだ。一段落したので、量り売りの店に昼飯を食べに行った。brasilIMG_6927.jpg
brasilIMG_6928.jpg


「クレウ」って曲が流れていて、その曲のことでトニーと話した。この曲、最近かなり流行りで、これが流れるとみんな腰を振って踊り出す。男は前後に。女は横に……。盛り上がってくると、女は壁に手をついて腰振る。超淫乱。ずっと「クレウ、クレウ、クレウ」って歌詞で、スピードが変わっていくだけの曲。最後はマシンガンみたいに早くなる。「ククククククク」って。子供とかが大好きで、子供に教えられて無理やりやらされた。子供って言っても、プリンセーザとかハイザ、ウェンデルぐらい。「ほらほらやって!クレ~ウ、クレ~ウ」みたいな感じでやらされる。やると超喜ぶからやったけど。トニーはあまり好きじゃないらしい。アニーもそう言っていた。でも、俺が帰国した後にあるフラカォンとヴェフメーリョのフェスタ(パーティー)では、2曲普通の歌が流れたら、クレウが流れるらしい。笑える。

店員もクレウについて思うことがあるらしくて、話に参加してきた。あと、知らないおじさんも、通り過ぎ様に「クレ~ウ」って歌ってた。やばいな。

食べ終わったら、そのままバスでアベニーダセッチに行った。ガラナシロップと本買うために。トニーのついて歩きながら、デパートの横の坂みたいなところ上がって茂みのようなところを入ると、自然食品の店があった。brasilIMG_6929.jpg
brasilIMG_6930.jpg


そこには置いてなかった。もっと道路のほうの薬局に行ったら置いてあった。あとは本か。前にヴェフメーリョと行った大きな本屋まで行ったけど、置いてなかった。

俺はこのままショッピバーハまで行って、トニーは家に帰ってレッスンの準備することになった。行ってみたけど、やっぱりない。帰ろうと思って出口探したけど、かなり迷った。案内板もないし。そして、帰りのバスを待ったけど、なかなか来なかった。今からペロウリーニョ行ってヨシさんに会わないといけないから、早く帰りたいのに。

歩いて帰ることにした。歩いていたら、ちょうどペロウリーニョ行きのバスが見えた。乗ろうかなーと思ったけど、なんとなくやめたほうが良い気がしてやめた。オンジーナに着いて、アグアジココ飲んでアカデミーアに戻った。これが最後のアグアジココか。いつもより甘かった気がする。

戻ってネットに繋いでいたら、子供が誰かが来たとか言って呼びに来た。誰かと思ったら、なんとヨシさんだった。トニーと話してる。自転車でペロウリーニョから来てくれたらしい。トニーとしばらく話してくれた。子供も興味津々だった。brasilIMG_6932.jpg
brasilIMG_6934.jpg
brasilIMG_6936.jpg


あと、いつもの「サンギ」売りのおじさんが来た。この人が売っているスープは2種類あって、トウモロコシを使っているのが「サンギ」で、米の甘いスープは別の名前があるらしい。ヨシさんはコーヒー買ってた。俺は、サンギとコーヒーを買った。

子供練習が始まって、ヨシさんも自分の練習が始まるからもう出ないといけないのに、少し見学してくれた。子供がふざけているばかりで、とても見ていられなかったと思う。隣にいるケルヴィンとデニーが、トニーが見ていない隙に俺にケーダかけようとしてくるし。俺もケーダの返しの練習しちゃったし。

最後のホジーニャで、俺対子供みたいな流れに少しなった。良い感じだった。よかった。brasilIMG_6938.jpg
brasilIMG_6939.jpg
brasilIMG_6940.jpg
brasilIMG_6941.jpg
brasilIMG_6942.jpg
ぐっと入ってきた
brasilIMG_6946.jpg
brasilIMG_6947.jpg
brasilIMG_6948.jpg
brasilIMG_6953.jpg


最後に記念撮影。brasilIMG_6955.jpg
女の子だけ。


男子だけ写真もあったんだけど、ブレまくってて話にならなかった……。

終わって、洗濯とかしていたら、練習の時間になった。

今日は、練習1時間くらいして、その後俺のためにホーダしてくれるらしい。練習の段階で、レウ・ホドリゴ・ウェンデル・プリンセーザの4人が団結してふざけあっていた。くっついて並んでふざけようとするから離しても、すぐにくっつくし。話にならねぇ。プリンセーザが俺が間にいるのに、前にいるウェンデルと話そうとするから「やめろ」と言ったら、「なんで私が話そうとする邪魔するの?」みたいな態度とってきた。お姫さま気取りか。プリンセーザめ。もう一度話そうとしたから、思いきりでかい手拍子して黙らせた。今度は、「びっくりしたんだけど、なんでそんな大きな音だすの?」みたいな態度だった。お姫さま気取りか。

その後、ホーダ。今日は練習のときから、ダニーロが来てくれている。メストレオレーリャの息子。俺がまずは歌をずっと一人で歌って、その後俺がずっとジョーゴするらしい。俺が歌ってる間、コーラス返してくれたのはトニーとデニーロとかの数人だけだった。あとは全員黙ってる。ホドリゴもウェンデルも歌詞知ってるんだろ。知らなくてもポルトガル語なんだから、聞いてれば分かるだろ。日本人の俺だって、分からない歌をなんとかコーラス返そうとしてるのに(良くないけど)。しかもこれ、俺の見送りホーダでしょ。それがお前らの気持ちか。しばらくして、ウェンデルとレウがホーダに並びながら話し始めたから、ウェンデルの頭を強く叩いた。いい加減にしろって。トニーが超喜んでた。ほらみろって言いながら。レウも叩いてやりたかった。ウェンデルは泣きそうになっていたけど、俺のほう見てノーダメージだぜって指で合図してきた。あーあ、子供叩きたくなかったのに。さっきの年少の子達のほうが、よっぽどマシだ。叩いたあたりでかなりテンション下がった。brasilIMG_6965.jpg


いよいよ俺のジョーゴする番になって、3人目くらいのホドリゴにコンパッソに合わせてチゾウラかけようとしたら、うまく避けられて床に足ぶつけた。右足首を痛めた……。萎える。トニーが言うには、タイミングは良かったらしい。あとは経験ですかね。
その後、パウマしていてデニーロとどうしてもジョーゴしたかったから、目で合図送ってジョーゴ割り込んだ。少ししてダニーロも入ってきてくれた。さすが。すぐに目が合ったところもさすがだけど。

このあたりから足首がかなり痛くなってきて、ジョーゴできないからしばらくパンデイロやった。でも誰も代わってくれない。ホドリゴに合図して代わらせて、写真撮ることにした。そしたら、メストレABISTIDESが来た。単独で。カメラを隅で休んでるカエラに託して、俺がメストレABISTIDESとジョーゴすることになった。brasilIMG_6966.jpg


どんどん近づいてこられて、ガロパンチされるので、下に逃げたら、今度はしゃがんでいる状態の俺の顔にガロパンチされた。これはまずいと思って、ヴェフメーリョとかがよくやる、座っている状態で足を開脚して、相手の両足ひっかけるやつをやってしまった。これ見たことない人は全然分からないと思いますが。当然メストレABISTIDESがよろめいて、それでスイッチを入れてしまったらしくて、またガロパンチくらった。あと全力のガンショ。そこでトニーがホーダ止めた。

そこからトニーとメストレABISTIDESの話で、なにがまずかったかっていうと、俺がメストレ相手に変なケーダかけたかららしい。というか、ケーダをかけること自体まずかったとか。前にレウがメストレマカーコにカベサーダした話とかも例に出していた。メストレとジョーゴするときは、リスペクトしながらするべきだと。メストレABISTIDESもそういう話をして、最後に謝って帰った。brasilIMG_6967.jpg
brasilIMG_6968.jpg
brasilIMG_6969.jpg


ホーダ少し再開。brasilIMG_6971.jpg
brasilIMG_6973.jpg
brasilIMG_6976.jpg


最後にトニーの話。さっきの俺がメストレにしたこととか。みんなも気をつけろよって。あと、俺の話。「デジカードは18歳で自分で働いて、親は資金出してくれないから、自分の働いた金だけでブラジルまで来たんだ。この中には5年カポエィラやっていてビリンバウのトーキをひとつも知らないやつがいるけど、彼は黄緑帯なのに、トーキも全部知ってる。デジカードなんだ。」って言ってくれた。あと、一日どのくらい働いていたんだと聞かれて5時間と答えたけど、これ聞いた人の中には俺が毎日5時間働き続けたと思った人いただろうなぁ。それを一年。嘘は言ってないけど、説明不足だった。
あと、カポエィラに対してdedicadoとはどういうことかという話。レウとかホドリゴも聞かれていた。dedicadoっていうのは「忠実な、献身的な」って意味なんですけど、俺のアペリード(カポエィラでつけられるあだ名)でもあります。その二つをかけている質問なんですが。ダニーロが「ジョーゴ、音楽、歌、すべてをきちんと学ぶこと」と言っていて、まぁそうだなと思った。俺は聞かれなかった。brasilIMG_6977.jpg


終わったあと、みんなで記念撮影。カエラがカメラ持っていたから、カエラが撮ろうとしたら、一緒に撮る気満々だったヒアンが撮らされることになった。トニーが「お前はグルーポテンポじゃないから駄目だ」とか言って。ひでぇ。1枚撮って、「じゃあ今度はヒアンも入れよ」というのもなかった。ひでぇ。

その後、みんなが「良い旅を」って言って、握手しに来てくれた。ダニーロが「お前は良いやつだ」みたいなこと言ってくれたのが、少し感動した。ダニーロはホーダのときから、トニーの話までずっと真剣だったし、かなり良いやつだと思った。

その後、SPEEDにトニーと行った。これがラストSPEED。トニーとさっきのメストレABISTIDESの話をした。俺は近づいてくるメストレに対して、ケーダをかけるんじゃくて、回って回って逃げるべきだったらしい。なるほど。でも今日やらなかったら他のホーダでやってただろうし、今日分かって良かった。
今日はレイチがいなかった。代わりにトニーの他の友達の店員がいて、俺がよく食べると聞いたら、俺が頼むものを大盛りにしてくれると言ってくれた。あと、明日帰ることを伝えたらSPEED帽子をプレゼントしてくれることになった。日本で被って、SPEEDの良さを広めるために貢献しよう。brasilIMG_6981.jpg


プレートとアサイーを頼んだら、アサイーまで少し大盛りになっていた。ありがとう。brasilIMG_6982.jpg


帰って、荷造りの続きをやる。全然余裕で終わった。もっとギリギリじゃないと、旅行っぽくないな。トランクの重量は32kg制限のところ、24kgだった。超余裕。もっとギリギリじゃないと旅行っぽくない。

トニーに、「今までの写真を全て焼いたDVDを作ってくれ」と言われて、DVD渡された。今から?やってみたけど、1枚目はDVDに異常があって、二枚目は1枚目にした画像ファイルの設定が適用されなくて、またやりなおしになった。めんどくさすぎる!やめた。トニーが日本来るときに渡せば良いや。

空港まで行く。風邪良くなってきた。

3月16日

いよいよ帰国の二日前。今日はどうしてもペロウリーニョに行かないと。ビリンバウ包むビニールを買うのと、ヨシさんにレッスン代を払わないといけない。

昼前に起きて、いい加減シャワーを浴びることにした。水が冷たい……。トニーは俺がシャワーを浴びるのを喜んでいた。浴びた後にコンタクト入れようとしたら、電気が消えた。数秒で点いたのでもう一度コンタクト入れようとしたら、でかい音がして、また電気が切れた。トニーが外を見て騒いでいるからなにかと思って出てみたら、雨が降っていた。それで電線が切れて、電気が点かなくなったらしい。雨が降っただけで。超弱い。恒例の川
brasilIMG_6881.jpg
雨はしばらくしたら止んだ。

シャワー浴びたら身体が冷えたので、もう一度寝た。トニーが起こしに来て、昼飯を量り売りで食べるかと聞いてきた。でもそんな気分じゃなかったから、断った。あと、エレナとジェイミー、フラカォンがトニーママの言えで昼飯食べるけど行くかと誘われた。断った。疲れそうだから……。

トニーがどこかに行ってしまったので、一人でSPEEDに行って食べることにした。注文しようとしたところで、財布を忘れたことに気付いた。家に戻ったら、今度は鍵を忘れたことに気付いた。最悪だ……。アニーにトニーはどこか聞いたら、隣の食堂でシュハスコやってるらしい。行ってみて鍵を貸してくれと言ったら、トニーも忘れたらしい。やばい。完全に閉め出された。お金を借りて、SPEEDに行ってから考えることにした。

スピーヂバイアーノってサンドイッチと、ホットドックを頼んだ。あとイチゴのジュース。スピーヂバイアーノはカーニドソルを挟んであるらしい。やっぱり肉がしょっぱかった……。なんでだろう。

戻って、アニーが鍵を取るには、テンポの子供が必要だというので、子供を呼びに行った。まずはウェンデル。ウェンデルの家ってどこか知らなかったけど、超近かった。いなかったけど。その後、ヒアンの家に行ったけど、いない。デニーもいない。
仕方ないから、戻って2階で寝ようと思ったら、ヒアンが来てくれた。どこから侵入すれば良いんだというから、ここだよと洗濯物を干す場所からアカデミーアへの小窓みたいのを指したら、びっくりしてた。小さすぎて。でもやってくれた。筋肉すごい人みたい
brasilIMG_6883.jpg
brasilIMG_6884.jpg
brasilIMG_6885.jpg

身体が小さくないのを言い訳にしていたけど、俺にはこんなことできないよ。足滑らせて落ちる気がしてならない。そういうときは大抵落ちるし。ヒアンえらいな。ガブリエウの部屋を作るときのアカデミーアの工事でも、一番手伝っていたのはヒアンだし。しかもこいつ、多分グルーポテンポの人間じゃない。練習しているところ見たことないし。鍵を取り終わったら、なにも言わずに去って行った。

家の中に入って、休んだ。2時間くらい。トニーが来て、どうして寝てばかりいるんだというから風邪なんだよと説明した。風邪ひいてるの知ってるはずなのに……。リコンフォームが繋がらないので、トニーにやってくれないか頼んだ。しばらくして戻ってきて、「もう期限の72時間前を過ぎているから、これから空港に手続きに行かないといけないらしい」と言われた。15分も待ってようやく話せたらしい。

仕方いないから、空港に行く準備する。途中、食堂で友達と話しているジュリオに「おい、今からデジカードと一緒に空港まで行ってやってくれ!」とトニーが言ったけど、「いや、必要ないよ」と言って断った。ジュリオがせっかく友達と話しているのに、俺に付き合わせるのはおかしい。せっかくの日曜日だし。トニーは「あいつだってグルーポテンポの青帯なんだぜ」と言っていたけど。
あれ?青帯?ジュリオって万年黄帯って聞いていたのに。いつのまに。

ちょうどバスが来たところだったので、前のほうから急いで乗った。そしたら運転手に、後ろから乗れよと言われた。確かに前は出口なんですけど。でも俺の前に何人も一緒に乗ったのに。俺にしか言わないっていうのはなんでだ。

空港について、TAM航空の受付を探したけど、なかなか見つからない。ようやく見つけて並んでいたら、普通に抜かされた。ベルトで順番に並ぶように仕切っているのに、そのベルト跨いで抜かされた。なんてやつらだ。リコンフォームしたいって英語で言ったら通じたので良かった。手続きは一瞬で終わった。パスポートも必要なし。こんなの電話でやってくれれば良いのに。
終わった後、日本から頼まれていた本を探したけど、なかった。小さい店だったし。日本人をかなり見かけた。みんな肌白い。サルヴァドールで日焼けもせずになにしていたんだろう。

帰りのバスを待つ。40分くらい。長すぎ。長すぎるから、そんなに飲みたくないガラナを買ってしまった。痛い喉に炭酸が染みる。来たバスは4ヘアウの高いやつだった。冷房つき。最悪。
乗りはじめは冷房が全然効いてなくて良い感じだったのに、誰かが暑いから点けろと言ったせいで、MAXパワーで冷房が噴き出してきた。寒い。
ヒオヴェフメーリョのほうを通ったとき、「YOKO」って店が目に入った。ここって確か竜太さんの日記に出てきた気がする。日系人が誰もいない和食屋でしたっけ?

帰ると、トニーがもう寝ようとしていた。まだ7時なのに。部屋でネットに繋いでいたらガブリエウが来て、チェスをやろうと言ってきた。誕生日なので、おめでとうと言っておいた。ケーキ食べたのか聞いたら、食べていないらしい。もらったのは、昨日の卵だけか。ガブリエウの部屋でチェスやっていたら、雨が降り出してきたからトニーが帰ってきた。SPEEDまで夕飯を買ってこいと言うので、ガブリエウと行く。傘持って。

戻って、映画見ながら食べる。中国映画。男一人と目の見えない女の話で、迫り来る敵を2人で蹴散らしながら逃げるみたいな。女は目が見えないのに超強くて笑える。矢とかナイフの飛ぶときのCGが滅茶苦茶で、ずっと一人でウケていたら、トニーもガブリエウも笑い始めた。
風邪良くなってきたな~、明日の見送りホーダなんとかいけるかも。

その後、昔の日本ののホーダの動画見て、寝た。
あ、ペロウリーニョ行けなかった……。やべー。

風邪ひいて動けず。腰が痛い。

3月15日

8時半にトニーが起こしに来て、今からビリンバウ講習に行くけど来るか?と聞かれた。昨日に比べてあまり良くならなかった。シャワー浴びたほうが良いと言われたけど、あんな水のシャワー浴びたら悪化する気がして断った。トニーはあっという間に出ていった。もう一度寝て、11時頃に起きた。トニーが帰ってきて、なぜか髪が短くなっていた。坊主。ビリンバウ講習しなかったの?と聞いたら、「子供が3人しかいなかったから、今日はやめたぜ~。別の日にする」と言っていた。まぁ確かに、昨日はカバッサ15個じゃ足りないかもとか言ってたし、たくさん来る予定だったんだろうけど。でも、せっかく来たのにドタキャンされた子供達がかわいそうだ……。アニーが来て、薬を持ってきてくれた。

昨日の日記書いて、ガンダムを見た。もうなにもする気が起きない……。昼飯は隣の食堂で食べることになった。食欲はあったので良かった。帰って寝ていたら、アニーがフェイジャォンに肉少し入れたのを作ってくれたから、食べろと言われたので、2階に上がる。完食できなかった……。ブラジルに来て出されたものを残したのは初めてだ。林さんに怒られるなと思った。でも、さっき昼飯食べたし……。フェイジョアーダではないらしい


その後、運動しないとよくないと思って、近くの薬局まで行く。どれを買えば良いのか忘れたので、家に一度戻って、確認した。喉スプレー

あと、リコンフォームの電話をかけたけど、繋がらない。どうなってるんだ。もう期限の72時間前過ぎてるし。

疲れたので、ガンダムを見る。でも夕方になって、全部見終わってしまった。トニーがアグアジココ飲んだほうが良いと言っていたので、買いに行った。日の暮れたビーチは寒かった。アグアジココ。かなり量入ってる。
こんなお店で売ってます
割ってもらって、中の白いところを食べる

飲みながら、ここには4軒アグアジココの屋台があるけど、どのヤシの木から採るかでトラブルにならないのかと気になった。新参が入ってきたら、パワーバランズ崩れるし。brasilIMG_6875_20080317034643.jpg


戻って寝る。9時頃起きてしまった。トニーはまだどこかに行ってる。土曜日だし。寝る前より具合がひどくなってきた。明日までに治らないとやばい……。明日はビリンバウ包むビニールペロウリーニョに買いに行ったり、色々と用事があるのに。荷造りもしないといけないし。それに、月曜日は俺の見送りホーダやってくれるらしい。あ、おとといのホーダで使ったカウサまだ洗ってない……。まだロゴ刷りしてないし。洗わないと刷れないと言われたから。どうしよう。間に合わないかも……。丈のカットは今日アニーがしてくれたけど……。

その後、日記を書いていたら、トニーが帰ってきた。様子はどうだと聞かれたので、結構ひどい、今からSPEED行ってアサイー食べてくると言ったら、一緒に行ってくれることになった。なぜかイカロも。まず薬局に行くことになった。そこで。喉の薬と、指の傷のための飲み薬を買った。指のほうはトニーが出してくれた。トニーはずっと、なにかあったらすぐに言えと言っている。SPEEDに行って、トニーはオレンジジュースが良いとずっと言っていたけど、俺はどうしてもアサイーが食べたかった。あとイチゴ。アサイーとイチゴのやつを頼んだ。トニーの友達のレイチが心配してくれた。レイチっていうのはアペリードらしい。強いジョーゴをしていて、肌が白いからついたとかなんとか。あと、もうSPEEDで24年も働いてるとか。もっと若いと思っていた……。

アサイーの上にイチゴが乗っているのかと思ったら、イチゴはミキサーでアサイーと混ぜられていて、跡形もなかった。食べ終わったら、超寒くなってきた。トニー曰く、アサイーは強い食べ物だから、寝る前に食べるものではないらしい。その場で、さっき買った指の薬を飲んだ。レイチが水持ってきてくれた。トニーが、なにかあったらすぐに言えと10回くらい言っている。今なに考えているんだとか。あと、帰ったらすぐにシャワー浴びろと言われた。寒いから無理だと断ったけど。冷たい水はさすがに良くないと思うんだけど……。

家に帰って、すぐに寝た。そしたら、暑くてすぐに起きてしまった。寝られない……。外がすごく騒がしい。犬のマックスがずっと鳴いていてやかましい。アニーもうるさいって怒鳴ってる。

うわー!!!!!!!!!って声が聞こえて、一体何事なんだと思ったら、トニーが戻ってきて、「デジカード起きてるか?今日はガブリエウの誕生日なんだ。それでさっき2階からエルメス(フラカォン)が卵をガブリエウに投げつけたんだよ!!」と言ってベトベトの手を見せてきた。あと、近くの椅子に座ったら尻に卵がついたとか言っている。ガブリエウもシャワー浴び始めた。

トニーが飯食べるかと言って持ってきてくれたので、アニーが作ってくれたカーニドソルを食べた。しょっぱい……。

寝られないので、日本の練習ホーダの動画とかを見て過ごす。トニーが来て、なぜかDVDたくさん出してくれた。あと、ビリンバウの曲ばかりが入ってるアルバム。CHOCOLATEってアーティスト。これ、良い。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。